昭恵夫人のドレス、どこのブランド?デザイナーは?白の着回しドレスが話題に

話題

安部総理の奥様、昭恵夫人が『即位礼正殿の儀』で着用していた白いドレスについて、ベルスリーブと呼ばれる広がった袖が「ワンタン」「ハンドベル」「ミサイルでるやつ」など、存在感ある袖スカート丈がネット上で話題になっています。

今回の昭恵夫人の白いドレスはどこのブランドデザイナーは誰なのか、また炎上しているドレスの着回しについて、みんなの反応をまとめました。

スポンサーリンク

昭恵夫人のドレス、どこのブランド?デザイナーは?

昭恵夫人のドレスのデザイナーは「ツグエダユキエ」さんでした。

「ツグエダユキエ」さんは、オートクチュール専門、一品ものを仕立てるデザイナーさんなので、どこかのブランドではなく、昭恵夫人に合わせたデザインとサイズのオーダーメイドで仕立てられたドレスなのですね。

▼ツグエダユキエさんのHP

ウェディングドレス、ドレス、フォーマルウェア、喪服、コート、スーツなどのオーダー制作|継枝幸枝|

『即位礼正殿の儀』への参列ドレス批判に対して、ツグエダさんは「まったく問題ないです。バランスのとれたデイドレス。ひざ丈、レギュラー丈なのでミニスカートではありません」と反論されています。

スポンサーリンク

昭恵夫人 白の着回しドレスが話題に

昭恵夫人の白ドレスが新調されたものではなく、アフリカ国際会議に出席されたときのドレスを着回していたことで、さらに話題になっています。

スポンサーリンク

昭恵夫人のドレス、ハロウィン仮装のネタに・・・